法人概要

設立目的・趣旨

 丹後町のまちづくりを住民主体で持続可能かつ計画的に進めるために、2008年12月17日、丹後町地域まちづくり協議会が京丹後市長に提言し、それをを受けて、NPO法人「気張る!ふるさと丹後町」を設立するに至りました。

 私たちが暮らす京都府京丹後市丹後町は、かつて丹後ちりめんや豊富な水産物等により隆盛を見せてきました。しかし近年における繊維産業の衰退、少子高齢化、過疎化により丹後町はその賑わいを失いつつあります。そのような現在の丹後町の状況からの脱却をはかり、豊かな自然環境や伝統・文化を次世代を担う子どもたちに継承していかなければなりません。

 丹後町の「いま」に向き合い「これから」をよりよいものにするために、現在までの「与えられる生活」から「みんなで創っていく生活」へと転換する必要があるのではないでしょうか。私たちは、丹後町において住民自身が知恵と力を共有し、地域の誇り意識を高め、住民自身の手でまちづくりを進めていくことが求められると考えています。

私たちの想い

 『ALL for 丹後町 すべては丹後町のために 』

 私たちは、丹後町の「いま」に向き合い「これから」をよりよいものにするために、できることはどんなことでも取り組みます。

気張る!ふるさと丹後町の名称について

 丹後町間人出身の明治の大実業家、松本重太郎の生涯を描いた小説『気張る男』(城山三郎著)のタイトルから。

 十歳にして、赤貧から志を持って家出。銀行、鉄道、紡績、ビール会社など、次々と創業し、ついには「東の渋沢栄一」に対して「西の松本重太郎」と称されるほどの関西実業界の帝王に。常に走り続けた重太郎の潔い生涯と、その不屈の精神を受け継ぎ、今こそ「気張る時」だと私たちは考えています。

所在地・連絡先

NPO法人 気張る!ふるさと丹後町
〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人2026
FAX. 0772-75-1610
E-mail: info@kibaru-furusato-tango.org
お問い合わせ ⇒ お問い合わせフォーム