私達の住むまち「丹後町」は、京都府の北端にあり、日本海に面するユネスコ認定『ジオパーク山陰海岸』の一角をなす風光明媚なところで、間人(たいざ)ガニで有名な町です。しかしながら、旧6町が合併し京丹後市となってからは町の衰退がさらに進み、町内の移動手段(公共交通等)もだんだんと不便となり、将来への不安を感じる声が高まってきました。
 そこで、NPO法人「気張る!ふるさと丹後町」が2009年4月に設立され、さまざまな地域活動を行ってきました。これまで、まち歩きや婚活パーティ、60歳を迎えた還暦式などを毎年行ってきたなか、住民や観光客の自由な移動を、住民が自らサポートするため『ささえ合い交通』の運行を開始するなど、住民同士の「ささえ合い」の精神の実現に取り組んでいます。

ささえ合い交通 ご利用方法

 2016年5月26日、京都府京丹後市丹後町において、道路運送法に基づく「公共交通空白地有償運送」=通称『ささえ合い交通』が運行を開始しました。住民ボランティアがドライバーとして、自分が所有する自家用車(マイカー)を使って地域住民や観光客等を運ぶという公共交通です。利用者が車を呼ぶには、スマートフォンでUber(ウーバー)のアプリを使ってマッチング(配車-乗車)を行うという、ICT(Information and Communication Technology)を活用した先進的なシステムを取り入れています。スマートフォンで配車し、GPS(地図情報システム)を用いてマイカーを使った「公共交通空白地有償運送」は日本初です。

お知らせ

■2017.08.24 (丹後町内祭り)穴文殊祭(袖志)
■2017.08.11 (丹後町内イベント)袖志棚田の燈夏会(とうかえ)(袖志)
■2017.08.05 (丹後町内祭り)間人川そそ祭り(立岩付近)
■2017.07.26 (丹後町内祭り)中浜みなと祭り
■2017.07.25 (丹後町内祭り)間人みなと祭
■2017.06.25 龍谷大学政策学部 今里教授研究室の学生が研修学習
■2017.06.18 京都産業大学経済学部 八塩教授研究室の学生が研修学習(ブログをご覧ください)
■2017.06.10 第9回還暦式を開催(ブログをご覧ください)
■2017.05.26 『ささえ合い交通』運行開始から1周年運行実績や思いについてプレスリリースを配信(ブログをご覧ください)
■2017.05.26 NHK19:30~「かんさい熱視線」で『ささえ合い交通』を放映
■2017.05.21 再放送NHK6:15~「目撃!にっぽん」で『ささえ合い交通』を再放送
■2017.05.14 NHK 6:15~「目撃!にっぽん」で『ささえ合い交通』を放映
■2017.03.25 国土交通大臣認定の運転者講習会を開催
■2016.12.21 『ささえ合い交通』で利用時に「現金支払い」も可能になる
■2016.12.09 近畿運輸局の若林局長が『ささえ合い交通』を視察に来町
         -NPOメンバーと懇談・協議し、実際に車に乗車
■2016.09.18 『ささえ合い交通』で「代理配車制度」を開始
■2016.06.11 第8回還暦式を開催
■2016.05.26 『ささえ合い交通』の運行開始-出発式を開催
■2016.03.12 国土交通大臣認定の運転者講習会を開催
■2014.07.14 「デマンドバス」をNPOで運行開始